GPD WIN2

GPD WIN2

動作確認済みゲーム(一例)

GPD WIN2 2019バージョンから2021バージョンへの主な変更点

  • 第8世代インテル Core m3-8100Y搭載に変更。動作クロックベース時が1.00GHzから1.10GHzへ、ターボ時が2.60GHzから3.40GHzへ向上しました。
  • 標準ストレージを256GB SSD にアップグレードしました。
  • メインマザーボードの設計を見直し、放熱性が向上。Power ICとSSDの位置をずらすことで、熱を分散。局所的に高熱になることがなくなり、よい安定してゲームを行うことができます。
  • microSDカードスロットの性能向上、アプリケーションパフォーマンスクラス2(A2)に対応、より高速な読み取り書き込みを実現。
  • 5V充電に対応。PD充電器やPD対応モバイルバッテリーの互換性がさらに高まりました。
  • オーディオの改善。内蔵チップセットのみから独立したオーディオパワーアンプICチップを新たに搭載。より高い音質を実現し、臨場感のあるゲーム体験を実現いたします。

ベンチマークはこちら(PC Wathc 記事)

GPD ダイレクト購入特典

GPD ダイレクト購入特典
変更点
pc.watch.impress PC総合ニュースサイト『PC Watch』に掲載されました!
Kaby Lake-Y搭載でゲーム性能が上がった「GPD WIN 2」を試す

今すぐ動画をチェック​

世界初!AAAタイトルが快適に遊べるポータブルハンドヘルドゲームデバイス​

多くのゲーマーの夢だった、超大作FPSなどのPCゲームを快適にプレイできる携帯ゲーム機がついに登場いたします。PSVや3DSのような市場で最高のハンドヘルドコンソールでもなかなか実現が難しく、これらのゲームを快適に動作させるのに苦労しています。 これらを実現するためのハードル、性能、電力消費などの問題により携帯型ゲーム機ではこれまでは実装することが難しいものでした。しかしGPD WIN2では、性能、コンパクトさ、発熱量、バッテリー寿命などを極限まで高めることができました。

GPD社は昨年、業界で初めての5.5インチWindows用ハンドヘルドゲーム機「GPD WIN」の発売に成功しました。このマシンの重要性は、過去にテレビやコンピュータの前でしかプレイできなかった多くのゲームが、初めてポータブルハンドヘルドで実行できることにあります。さらに第1世代のGPD WINには、特に性能と放熱の面でいくつかの欠点がありました。

放熱、消費電力、デバイスの重量、携帯性、バッテリー寿命などの問題を高次元で解決し、そして超大作のPCゲームを円滑にプレイできる携帯型ゲーム機の開発にコミットいたします。そして長年の開発期間を経て、ついに新世代の製品“GPD WIN 2”をご紹介できるようになりました。

GPD WIN 2

主な製品特徴

  • 洗練された外観デザインは、ドイツのレッドドット賞受賞チームと共同で開発されました。
  • Windows 10を搭載し、1,000,000以上のインターネットゲームをサポートしています。購入後、すぐにゲームをお楽しみいただけます。
  • シャープ製LCD 6インチ 静電容量式タッチスクリーンを採用。視野角最大178°、画面面積は、前世代のGPD WINと比較して9%増加しました。Corning Gorilla Glass4に対応しています。 1280×720の画面解像度では、典型的な24インチ デスクトップ モニタの2.53倍のPPIを備えており、非常にきれいな画面でゲームをお頼みしいただけます。
  • 第8世代のインテルCore m3-8100Yプロセッサを搭載しています。CPU-Zのシングルコア性能スコアが1244ポイントである非常に高性能CPUです。
  • CPUコアを補完するm3-7y30は、第9世代のインテルHDグラフィックス615(24 EU実行ユニット、最大900MHzのダイナミック周波数)を搭載し、そのゲームフレームレートは、GPD WINと比較して2.2倍向上いたしました。
  • eMMCに比べて4倍高速のSSDを採用。さらにM.2 2242拡張ポートを備えていますので、たくさんのゲームをインストールしたい場合にはストレージを拡張してお使いいただくことができます。
  • 大容量・高密度2×4900mAhのポリマーリチウム電池を搭載。 GPD WIN 2の最大ゲームプレイバッテリー寿命は6時間を超えています。またGPD WIN2は、当社で初めてPD 2.0の急速充電をサポートいたします。 45分以内にバッテリーを半分まで充電することができます。
  • 冷却ソリューションには2000〜10000rpmでダイナミックに回転数を調整できる高出力ターボファンと温度制御機能を内蔵し、ゲームの安定稼働に貢献します。
主な製品特徴

GPD WINは多くのお客様にご利用いただき、様々なフィードバックをいただきました。そしてGPD WIN2を発売するにあたり、長い間、人間工学的、美学的、商業的に価値のある方法でハンドヘルドを最適に設計する方法を考えました。

主な製品特徴

GPD WIN2 はGPD Technologyとドイツの卓越したデザインチームとの協力により、GPD WIN 2のデザインが行いました。 GPD WIN 2のデザインは、外観の美しさだけではなく、エンジニア的な観点から、そして人間工学の最良のバランスを達成したと感じています。

主な製品特徴

ボディのフレームは軽くて丈夫なマグネシウム合金素材で作られており、堅牢性があります。また黒色のカバーは取り外しが可能で、GPD WIN 2のスタイルを自分好みにカスタマイズできます。

詳細デザイン

詳細デザイン

背 面

背面

WIN 2の底面には、M.2 SSDカードを簡単に交換できるようにカバー付きスロットが搭載されています。M.2 SSDカードは、ネジを使用して固定されているため、WIN2が揺れたり、極端な落下状態にあっても、 SSDがM.2インターフェイスに接続されていることを保証します。

またGPD WIN2では排気口を背面に移動しました。これはGPD WINでの、側面にある吸気口の設計は、マシンを持ち上げるときに手で妨げられると、多くの方からご意見をいただいていたからです。 またCPUと排気口を近くにすることでよい廃熱処理が得られることが実験でも実証されています。

ジョイスティック・キーボード

ジョイスティック・キーボード

モードスイッチをXに設定して、Xbox 360ゲームパッドモードでご利用いただけます。ゲームパッドは、日本製のアルプスダブル3Dジョイスティックを使用し、操作上の誤りを減らすために改良された沈み込みスタイルのデザインを採用しています。 左側には従来のクロス・スタイルの十字パッドも備えています。また右側にも360文字のアクションボタンを備えています。

L3 / R3トリガーボタンは、L1 / R1およびL2 / R2とともにWIN 2の背面に配置されています。新しく設計されたトリガーボタンにより、プレイヤーは素早く手をつないでゲーミング体験をより良くすることができます。

ジョイスティック・キーボード

WIN 2キーボードは、100万回以上のキープレスに対応するように設計されています。また、長時間使用からの疲労を避けるための設計がされています。キーボードは優れた感触を持っています。 WASD、左、右、上、下のキーは突き出たスタイルで設計されているため、PCのキーボードゲームが楽になります。凹形の電源ボタンは、不用意なプレスを避けるように設計されています。 キーボードの右上にXboxキーがあり、 "ホームボタン"、 "スクリーンショットボタン"などとして機能します。

モードスイッチをマウスモードに設定すると、マウスコントロールの状態になります。 マウスコントロールはPCゲームにとって重要です。そのため、WIN 2ジョイスティックを使ってマウスをシミュレートすることができます。 また、異なるプレイヤーのニーズを満たすために、L2ボタンを押すとマウス速度を上げることができます。デフォルトの速度があなたに合わないときは、L2ボタンを押してマウス速度を2倍に増やすことができます。

液晶画面

液晶画面

シャープ株式会社の6インチスクリーンを搭載し、GPD WINより9%大型化いたしました。また最新の In-Cellフルラミネーション技術や 第4世代の Gorilla Glassの第4世代を適用することで、薄くて軽く頑丈になっています。 Gorrilla Glass 4は3に比べて1メートル落下試験の無傷の割合は80%と高く、損傷の減少は45%の改善を示しています。またサイドと上部の画面の境界は最小限に抑えられています。上限は5mm、下限はわずか3mmです。
画面解像度は1280×720で、一般的な24インチデスクトップモニタの2.53倍のPPIです。視野角は最大178°です。

CPU性能

CPU性能

先進的な14nm技術を使用して製造された第7世代超低電圧インテル® Kaby Lake Core™ m3-7Y30プロセッサを搭載。同じ消費電力で、前世代のSkylake技術と比較して約12%の性能向上を実現できます。 インテル® Core™ m3-7Y30のバス速度は99.76MHzに達し、OPIバス速度は最大4GT / s、ピークデータ転送は4×10 ^ 9回です。 4MBのL3キャッシュとともに、メモリからデータを取得する時間を大幅に短縮します。

トランジスタとアーキテクチャの最適化の数が増えたため、m3-7Y30は前世代のGPD WINで使用されていたx7-Z8750よりも大幅に優れています。m3-7y30の測定性能の改善は非常に明白です。 CPU-Zのシングルコア性能は1244ポイントに達し、これはx7-Z8750のほぼ4倍です。マルチコアの性能は、Z8750の2倍の2688ポイントに達します。全体的な性能は、第3世代のIntel i7-3770Kに近いものです。

m3-7y30のSpeed Shiftテクノロジによって応答速度が大幅に向上しました。m3-6y30の応答時間0.1秒と比較して、m3-7y30の応答時間はわずか0.005秒で、オンラインゲームでの遅延を防止いたします。

グラフィック性能

グラフィック性能

グラフィックス性能は、前世代に比較し、大幅に向上いたしました。また、ハイスループットでグラフィックスデータを並列処理する場合、HDグラフィックス615のパフォーマンスは、NVIDIA GeForce GT240より最大220%優れています。 GPD WIN2で採用している画面解像度(1280×720)と相まって、大型タイトルでもエフェクトの設定により、快適に動作させるように設計しています。

メモリ・ストレージ性能

メモリ・ストレージ性能

*Aida64スコアは、Read、Write、Copyのスコアの合計を示します。 PCmark Vantageのみがメモリのスコアを表します

m3-7y30は最大動作周波数が1866MHzのLPDDR3のみをサポートしています。以前の世代のZ8750と比較して、メモリ周波数は1.17倍に増加、デュアルチャネル設計では、最大128ビットの帯域幅が有効な待機時間を50%短縮し、 ゲームをよりスムーズに実行できます。RAMは前世代のWINの2倍の8GBを搭載いたしました。

メモリ・ストレージ性能

*テスト済みのSSDはTranscend / Transcend TS512GMTS400 512GBです。連続読取り/書込みテストは性能評価のためにCrystalDiskMarkに基づいており、ランダム読取りおよび書込みテストは性能評価のためにCrystalDiskMark QD32を使用します。

WIN 2は、M.2 2242ソケットインターフェイスを備えています。 128GB M.2 SSDが標準装備されています。 SSDは理論上の帯域幅が最大6Gb / s、理論転送速度が最大600MB / sのAHCIプロトコルに基づいてSATA 3.0を採用しています。

M.2 SSDは簡単に交換できます。プレイヤーは256GB、512GB以上の容量のSSDを購入して元のものと交換することができます。 容量制限はありません。つまり、ゲーム、ビデオ、アプリケーションをさらに格納できます。

SSDの速度例として、Transcend TS512GMTS400 512GB SSD(-WIN 2の標準SSDではない)の読み取り速度をテストしました。 このカードの読み取り速度は560MB / sに達し、書き込み速度は460MB / sに達します。このハードウェア構成設計により、システムはシステム全体の最適なパフォーマンスに到達することができ、システム構成のボトルネックはありません。

またプレイヤーの要求に応え、WIN2はmicroSDカードスロットを保持しています。m3-7y30はUHS 104超高速SDインターフェイスをサポートし、バス帯域幅は最大104MB / sであり、microSDXCカードを完全にサポートしています。

メモリ・ストレージ性能

*テストに使用したmicroSDカードはSAMSUNG 128GB(型番:MB-MC128D)です。
テストソフトウェア:ATTOディスクベンチマークV2.47

WIN 2のSAMSUNG 128GB(モデル:MB-MC128D)USDカードを使用してスピードテストを行いました。このテストでは、最大86MB / sの読み取り速度と最大55MB / sの書き込み速度が示されました。これらの結果は、前世代のWINコンソールで実現したものより2.04倍優れ、帯域幅を最大限に活用しています。

microSDの価格優位性はSSDに比べて明らかであり、読み取り/書き込み速度はeMMCのそれより低くはありません。したがって、microSDはWIN 2ストレージオプションを強力に補完します。

これらの3つの拡張スロットを合計すると、GPD WIN 2の理論上の最大スケーラブルストレージ容量は2.912TBとなります。

メモリ・ストレージ性能

*上記の製品は、インターフェイス仕様に準拠している現在入手可能な最大容量です。

急速充電にも対応した大容量バッテリー​

大容量バッテリー

バッテリー寿命を延ばすために、WIN2は2×4900mAhの大容量かつ高密度のポリマーリチウムバッテリーを使用し、出力7.6V、電力37.24Wh、エネルギー密度600Wh / Lを実現しています。バッテリー容量は前世代のWINと比較して49%増加し、電力使用率は82%から95%に増加しました。大型バッテリーは、WIN 2が6時間以上の卓越したゲームバッテリー寿命を実現することを可能にします。同時に当社の製品は、PD 2.0の高速充電をサポートする最初のゲームでもあり、45分以内にバッテリーを半分まで充電することができます。

さらに、GPD WIN2の給電ロジックが変更されました。充電モードでは、マザーボードはバッテリーではなく電源より直接給電されます。 GPD WIN2は12V / 2.5Aの最大電源をサポートします。電源もゲーミングのパフォーマンスを与えられるようにサポートできるよう設計されています。

大容量バッテリー

冷却効果を高めるために、WIN 2は高出力ターボファンを利用したPCクラスの冷却ソリューションで設計されています。ファンの回転数は2000〜10000rpmです。 大量のサイド・ブロー・サーマル・アウトレット・デザインと極短いアウトレット・ディスタンスにより、熱い排気性能は前世代のWINの8倍です。

同時にWIN 2は、デフォルトの熱消費電力を4.5Wから15Wに増加させます。 CPUの温度が20℃〜80℃の間であれば、動的温度制御がBIOSによって開始され、エネルギー/性能比を最適にバランスさせます。

内部構造の設計に関しては、L型マザーボードをデュアルマザーボード重ね合わせ設計に変えることで利益を得ています。保存された部屋は、ダブルバッテリースタックを格納するために使用され、バッテリーとマザーボード間の熱の伝導を効果的に防止します。

ゲームでのテストスコア​

WIN 2のゲームの改善は非常に明白です。以下は、WIN 2と前世代のWINとの性能比較です。WIN 2とWINのゲームフレームレートの結果を示します。

ゲームでのテストスコア​

*テストの解像度:1280×720。特に指定のない限り、ゲームは低い特殊効果を使用します。

  • "グランド・セフト・オート5" 38fps
  • 「Heroes of the Storm」60fps、チーム戦闘38fps、平均49fps
  • "ウォッチヴァンガード"インターフェイス120fps、80fps地図で歩いているときは、バトル時に50-70fpsの安定した値、平均83fps;
  • 「Legends of Legends」は、フルエフェクトを有効にした後でも、60fpsを達成することができ、アクションセクション48fps、平均54fps
  • "DOTA2"は70fps
  • "Skyrim Elder Scrolls 5:Horizon"平均53fps
  • "World of Warcraft"は平均30fps

GPD WIN2 購入