GPD WIN Mini

- GPD WIN Miniの特徴 -

  1. 1.軽さわずか約 520gで、その小ささはわずか約 168×109×26 mm!ポケットにも簡単に入れることができます。デザインはGPD WIN 2 のエルゴノミクスデザインを採用しています。
  2. 2.7 インチディスプレイで FHD採用し、368PPI / 500 nit(輝度)、120Hz駆動を実現! 第 6 世代 Gorilla Glass でコーティングされたディスプレイは、ちらつきのない DC 調光をサポートしています。
  3. 3.AMD Ryzen™ 7 7840UプロセッサーとAMD Radeon™ 780M グラフィックス、AMD Ryzen™ 5 7640U プロセッサーとAMD Radeon™ 760M グラフィックスの2つから選択可能。メモリは、LPDDR5-6400 MT/s 16GB~32GB、またPCIe Gen4 M.2 NVMe 2230 SSD で 512GB〜2TBの大容量ストレージスペースを確保しています。
  4. 4.正確な操作を実現するホール型ジョイスティックを採用し、キー押下により L3、R3 をサポート。デッドゾーンがなく、プレーヤーの指の動きを正確に感知します。L2とR2はリニアアナログトリガーキーに変更され、さまざまな強さでのボタンの反応を正確にシミュレートし、射撃や加速などの操作を正確に実行。ゲームの動的な変化をよりリアルに感じることができます。また L4 および R4 プログラム可能なカスタムキーを追加し、WinControls ツールと連携してワンクリックでのコンビネーション キーを実現し、PCオンラインゲームをより簡単にプレイ可能です。
  5. 5.内蔵のデュアルリニアモーターは Z 軸線形振動をサポートし、正確な振動フィードバックを通じて、対応する振動感覚をシミュレート。ゲーマーは低消費電力と低騒音を維持しながら、ゲームのダイナミックな変化をより深く体験できます。
  6. 6.3 軸重力感知 + 3 軸ジャイロスコープの設計を採用。プレイヤーのハンドルの傾き、回転などのアクションを感知することで、ゲーム内の応答に変換され、体性感覚ゲームを自由にプレイできます。
  7. 7.QWERTYキーボード配列で、白いバックライト付き。コンビネーションキーでバックライトをオン/オフにできます。
  8. 8.タッチパッドの精度を高め(PTPモード)、最大4本の指の動きをサポートします。
  9. 9.ドイツ AAC トップレベルのステレオ スーパーリニア デュアル スピーカーを搭載。イヤホンとスピーカーの両方がトップレベルの DTS: X Ultra サウンド エフェクトをサポートし、物理的な 7.1 チャンネル サウンド エフェクトをシミュレートできます。
  10. 10.USB4 インターフェイス搭載。40Gbps 帯域幅で、Thunderbolt 3 プロトコルをネイティブにサポートしています。GPD G1、またはサードパーティのグラフィックス カード ドックに接続して AAA タイトルのゲームをプレイしたり、HDMIやDPに接続し、7680 x 4320(@60Hz)の映像を楽しんだりすることが可能。PD プロトコルの高速充電をサポートします。
  11. 11.OCuLink (SFF-8612) メスポート搭載。64GT/s 帯域幅、最大 7.877GB/s のスループットを追加し、GPD G1 に接続することも可能。
  12. 12.USB 3.2 Gen 2 フル機能の Type-C。10Gbps 帯域幅を追加し、PD プロトコルの高速充電をサポートします。
  13. 13.microSD カードスロット(3.0 プロトコル )を採用。I/O パフォーマンス A2 レベル,理論速度:読み取り 160MB/s、書き込み 120MB/s。
  14. 14.バッテリーは、3.87V 超高密度ポリマーリチウム電池を使用し、容量は 44.24Wh 。バッテリー寿命がGPD WIN2 から約 50% 伸びています。
  15. 15.人間工学に基づいたグリップを統合し、ゲームの操作感をさらに向上しました。
GPD WIN Mini Title
AMD 7000シリーズのプロセッサー搭載
7インチ,1080P,高リフレッシュレート
より大きなメモリとストレージ容量
パフォーマンスが6倍向上
軽さわずか 520g!
※ GPD WIN 2と比較
GPD WIN Mini 主なスペック
※1 GPD WIN 2と比較
※2 グリップは別売りオプション。但し、先行予約期間中は特典としてプレゼント。

インターフェースと
カスタマイズキー

エルゴノミクスデザイン採用

握りやすいグリップ

GPD WIN Mini をより快適にお使いいただくために、DualSenseコントローラーの人間工学に基づいたデザインからヒントを得て、グリップアクセサリー(※)をデザインしました。使いやすいデザインにより、グリップが自然に手になじみ、プレイヤーはゲームにより集中でき、ゲーム体験と操作性が向上します。

ゲームのフレームレートを測定

強力な統合グラフィックス性能により解像度 1920×1080で、AAAゲーム(人気の大作ゲーム)で60FPS以上で動作可能です。

* テスト環境:AMD Ryzen™ 7 7840U,RAM 16GB LPDDR5 6400 MT/s,1TB NVMe SSD,解像度 1920×1080,Windows 11 Home 64bit

* FSR:ゲームプレイ中にFSR技術が有効であったことを示す。最先端のアップスケーリング・テクノロジーを搭載したAMD FidelityFX™ Super Resolution(FSR)により、特定のタイトル1のフレームレートが向上し、高品質かつ高解像度のゲーミング・エクスペリエンスが実現します

7インチディスプレイで120Hzの高リフレッシュレート駆動

高精細な映像を実現

第 6 世代 Gorilla Glass でコーティングされた7インチのディスプレイを採用。LTPS技術により、高精細のディスプレイを実現します。低スクリーン応答時間、AF+ARアンチグレアコーティングが反射を効果的に低減し、透過率を増加させ、スクリーンの輝度を500nitに増加。1080P(解像度 1920×1080)で60Hzおよび120Hzのリフレッシュレートをサポートします。314PPI、ちらつきのないDC調光を採用しています。

PC用 SP用

AMD Ryzen 7000シリーズの
プロセッサー搭載

Zen 4 アーキテクチャ

AMD Ryzen 7000シリーズプロセッサーは、製造プロセス 4nm の Zen4 アーキテクチャをベースとしています。AVX-512命令セットを初めてサポートし、さまざまなアプリケーション・シナリオをインテリジェントに認識し、システム電力を動的に割り当てる AMD SmartShift MAX テクノロジーを搭載しています。
また、ゲーム性能を15%向上させる AMD SmartAccess Memory テクノロジーもサポートしています。AMD Radeon 700M シリーズ 統合グラフィックは、RDNA™ 3 アーキテクチャを採用し、最大 12CU、768ストリーム・プロセッサを搭載します。

GPD WIN Mini FPS
GPD WIN Mini FPS

浮動小数点演算性能の比較

RDNA 3 アーキテクチャーに基づく統合グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1660 Tiを上回る

RDNA 3 アーキテクチャに基づく全く新しい統合グラフィックは、前世代のRDNA2と比較して、150%の浮動小数点演算性能の向上を示しています。NVIDIA GeForce GTX 1660 Tiと比較すると、性能は約60%向上し、ピクセルとテクスチャのフィルレートも2倍になりました。

Zen 4 アーキテクチャ搭載

CPU-Zベンチマーク・テストで初めてAVX-512命令セットをサポート

Ryzen 7000シリーズのプロセッサーは、AMD 最新の Zen 4 アーキテクチャをベースとし、初めて AVX-512 命令セットをサポートします。主に AI および HPC アプリケーションの高速化を目的としており、FP32 浮動小数点推論マルチスレッド性能が 1.3 倍、INT8 整数推論マルチスレッド性能が 2.5 倍向上しています。

GPD WIN Mini

AVX-512命令セットのサポートによりエミュレーターもスムーズに動作

スムーズなエミュレーションには、より高性能なCPUが必要です。AVX-512 命令セットのサポートと、RDNA 3 アーキテクチャに基づく全く新しい統合グラフィックスにより、RPCS3、Yuzu、Citra、Vita3K、Xeniaなどのエミュレータで最大30%の性能向上を達成することができます。 例えば、PS3『God Of War III』は毎秒60フレームで動作し、フルスピード・エミュレーションが可能です。

選べるメインメモリ 16GB / 32GB

メモリ過多の心配を解消

GPD WIN mini は、32ビット 4チャンネル LPDDR5 6400MT/sメモリを採用し、16GB または 32GB の2つの容量を採用。グラフィックスメモリに割り当て可能な最大メモリ容量は 16GB で、ゲーム中のメモリ不足の心配がなく、よりスムーズなゲームプレイを実現します。

大容量の 512GB / 2TB SSD

5000MB/s を超える読み書き速度

PCIe Gen4 M.2 2230 SSDを搭載し、5000MB/秒を超える読み書き速度、そして無制限に拡張可能です。AMD Ryzen™ 7 7840U/7640Uは、理論上の最大スループットが 7.877GB/s の PCIe Gen4 仕様をサポートしています。公式構成には 512GB~2TB の WD SN740 M.2 2230 SSD(PCIe Gen4)が含まれ、シーケンシャルリードおよびライトの実測速度は最大 5150MB/s で、無制限に拡張可能です。

ホール効果採用のジョイスティック

デッドゾーンなし

ホール効果が採用されたジョイスティックは、押下により、L3 および R3 に対応したサンケンデザインを採用し、無段階調整可能なスーパーリニアです。ホール効果ジョイスティックは標準ジョイスティックと比較して、キャリブレーション後の戻り精度が 37.5%、電圧分割精度が 25% 向上し、中心点で発生するデッドゾーンの可能性がほとんどなくなりました。プレイヤーの指の動きを正確に感知し、ゲームコントロールの精度と感度を向上させます。

L2 / R2 リニアアナログ
トリガーボタン採用

GPD WIN 2と比較して、GPD WIN miniのL2 / R2トリガーはリニアアナログトリガーボタンに変更され、異なる強度のボタン反応を正確にシミュレートし、正確な射撃や加速などの操作を可能にします。これによりゲーム中のダイナミックな変化をよりリアルに体感でき、コントローラーの快適な操作性、ゲームへの没入感とプレイアビリティが向上しています。

カスタマイズ可能な L4 / R4 キー

コンビネーションキーを設定可能

コントローラーのC面には、カスタマイズ可能な L4 / R4 キーが追加。WinControlsツールを使用することで、ユーザーは簡単にコンビネーションキーを設定することができ、PCオンラインゲームを簡単にプレイすることができます。

コントローラにデュアル
リニアモーターを内蔵

Z軸のリニア振動に対応

GPD WIN シリーズの携帯ゲーム機では、初めてのデュアルリニアモーターを採用。回転モーターに比べて起動・停止時間を短縮し、リニアリティを向上させ、Z軸に沿ってリニア振動をサポートします。リニアモーターは正確な振動フィードバックを提供し、対応する振動感覚をシミュレートすることで、ゲーマーは消費電力と騒音レベルを抑えながら、ゲームのダイナミックな変化をより深く感じることができます。

3軸重力センサーと
3軸ジャイロセンサー搭載

PCでモーションコントロールゲームが可能

3軸重力センサーと3軸ジャイロスコープの設計を追加することで、コントローラーの操作がより柔軟になります。プレイヤーはコントローラーを傾けてゲーム内のキャラクターやオブジェクトを操作することができ、ゲーム操作をより自然で直感的なものにし、新しいゲーム体験をもたらします。

バックライトデザインのキーボード

ワンタッチでのバックライトのオン・オフも可能

GPD WIN Mini のキーボードはホワイトバックライトを採用し、スタイルはそのままに、両手の親指でタイピングするのに適した大きめのキーになっています。キーボードはシザースイッチデザインを採用し、キーの組み合わせでバックライトのオン・オフが可能です。

精密タッチパッド(PTPモード)を搭載

最大4本指のジェスチャーに対応

GPD WIN Mini は、GPD WIN 2 に比べ、精密なタッチパッド(PTPモード)を搭載しており、マルチタッチによる指の位置や動きの軌跡を検出し、より正確なコントロールを実現します。指の動きの軌跡を素早く柔軟に識別し、ユーザーの操作にタイムリーに対応することができます。

最高級の DTS:X Ultra
サウンドエフェクト

手のひらでパノラマサラウンド体験

GPD WIN Mini は、最高級のドイツのAACスピーカーを2つ搭載し、DTS:X Ultraオーディオテクノロジーに対応しています。音響心理学とHRTF技術に基づいた新しいアルゴリズムを採用し、ヘッドフォンと内蔵スピーカーの両方から出力される音声をゲーム環境に応じて処理します。

DTS:X Ultraオーディオ効果は、10バンドのグラフィックイコライザーを使って微調整することができ、ユーザーは物理的な7.1チャンネル・サラウンド・サウンド体験をシミュレートするさまざまなイコライザー設定を楽しむことができます。
また、聴覚テストを通じてオーディオスペクトルを最適化し、正確な調整を行うこともできます。ヘッドフォンでも内蔵スピーカーでも、上下左右前後の全方向から音に包まれるような感覚を味わうことができ、高音質で臨場感あふれるオーディオ体験を提供します。

USB4 が GPD G1 拡張ドックに対応

ゲーム体験を総合的に強化

USB4 は、GPD G1 グラフィックスカード拡張ドックをサポートし、ゲーム体験を向上させます。 CTコントローラは、40Gbps の帯域幅と Thunderbolt 3 プロトコルをネイティブサポートする新しい USB4 インターフェースを追加し、GPD G1 または、サードパーティ製グラフィックスカードドックに接続して AAA タイトルのゲームをプレイすることができます。
また、外部 8K@60Hz ディスプレイと PD プロトコルによる急速充電にも対応しています。

OCuLink(SFF-8612)ポート搭載

フレームレートが大幅に改善

GPD WIN 4 と同様に、GPD WIN Mini も OCuLink(SFF-8612)メスポートを搭載しています。PCIe 4×4ダイレクト接続を提供し、有効帯域幅 64GT/s、スループット最大7.877GB/秒を実現します。GPD G1に接続することで、フレームレートを大幅に向上させ、AAAタイトルのゲームでよりスムーズなゲーム体験を提供することができます。

フル装備のType-Cポート搭載

PDプロトコルによる急速充電に対応

USB4 ポートが占有されている場合でも、GPD WIN Mini は、10Gbps(USB 3.2 Gen 2)の帯域幅を持ち、外部 8K@60Hz ディスプレイをサポートするフル機能の Type-C ポートを通じて、充電、オーディオ、ビデオ、データ転送を行うことができます。

A2レベルの
microSD カードリーダーをサポート

GPD WIN Mini は、UHS-I バスインターフェイス、SD 3.0プロトコルで microSD カードリーダーを保持し、スピードクラス A2、U3、V30 をサポートし、読み取り速度 160MB/s、書き込み速度 120MB/s で、3つのストレージカード規格、microSDHC、microSDXC、microSDUC と互換性があります。

44.24Wh の
超高密度バッテリー搭載

GPD WIN Mini は、3.87V 超高密度ポリマーリチウムバッテリーを採用し、限られたスペースでバッテリー容量を 44.24Wh まで増加させました。GPD WIN 2 と比較すると、バッテリー寿命が 50% 近く向上しています。

GPD WIN Mini スペック

* 製品紹介ページ(LPページ)、製品ページに掲載されている情報は2023年9月現在のものです。発売前や発売後で仕様の変更がされる場合がございます。ご了承ください

GPD WIN Mini
購入