GPD WIN3

WIN3

製品開発の背景

初代GPD WINから現在まで、GPD WINシリーズは全て独自開発のクラムシェル型を採用していました。 しかし、たくさんのユーザーからクラムシェルだけでなく、スレートタイプの発売を要望をいただいておりました。しかし、キーボードがあることはユーザーにとっては大きなメリットになります。そのため、どのような構造がよいか熟慮を重ねてまいりました。そして、2009年に日本で発売されたSONY UXシリーズのスライドメカニズムの設計を参考にした、全く新しいタイプのGPD WIN3 を開発いたしました。これまでのクラムシェルや2 in1 ではなく、すべて一体化した新しいゲームコンソールが誕生です。もちろんそのスペックは現在採用できる最新で最高なものを使っています。新しいゲーミングコンソールをぜひご期待ください。


GPD WIN3 各部機能/仕様

  • 世界初のWindows 10搭載スライドパッド式小型ゲーミングPCで、ゲームパッド一体型です。
  • 最新のAAAレベルのゲームを60FPSでプレイできます。(※設定の調整が必要)
  • スライドできるディスプレイ+バイブレーション機能の付いたバックライト付きタッチキーボード。
  • デスクトップPCレベルのターボファン+デュアルヒートパイプによる効率的な冷却機能に8個の穴を備え大排気量の熱を逃がす設計。
  • デュアルモーターによる臨場感のあるバイブレーション機能。
  • 日本の精密工業や三和電子に匹敵するアルプス電子社のアナログスティックを2つ搭載。押下でL3 / R3ボタンとしても機能いたします。
  • L2 / R2はアナログトリガーボタンに進化。この圧力制御センサーにより、レーシングゲームなどでは操縦性・臨場感が大幅に向上いたしました。シューティングゲームにおいても、よりリアルな感覚を再現、プレイヤーをよりゲームの世界に引き込みます。
  • ドイツ製AACトップ3Dリニアスピーカーを採用、振幅が2倍増強され大迫力のサウンドを体験できます。
  • 本体シェルは耐衝撃性ABS合成樹脂でできており、ロックウェル硬度109R、マットなボディ、触り心地の良い質感を備えています。
  • 5.5インチのブライトスクリーン、268 PPI、H-IPSテクノロジー、Corning ゴリラグラス第5世代、NTSC:84%(typ)、DC調光。
  • 第11世代インテルTigerLake-Uを搭載。シングルコアの性能はフラッグシップとなるi9-10900Kを上回ります。
  • 第12世代インテルIris Xe Graphicsは、通常のパフォーマンスがGeForce MX350を上回り、特定の状況によってはMX450と互角の性能を発揮することさえあります。
  • 第11世代インテルTigerLake-Uで利用可能なLPDDR4x4266メモリは、86GB / sの最大メモリ帯域幅を提供し、高い性能を発揮するのに重要な役割を果たします。
  • Thunderbolt4は帯域幅を2倍、USB 4をサポートし、外部のGPUボックスと接続するとディスプレイパフォーマンスが効率よく活用され、使用するGPUボックスに応じてフレームレートが大幅に向上します。
  • 第4世代のPCIeバステクノロジーであるM.2NVMe 2280 SSDの読み込み書き込み速度が大幅に上がり、Thunderbolt4の速度を上回ることもあります。
  • A2レベルのmicroSDXCカードをサポート。最大160MB /秒の読み取り速度を実現。
  • Wi-Fi6対応、300MB / sの高速インターネットを実現。前世代のWi-Fi5の2.77倍、高速です。
  • Bluetooth 5.0は3MB / sの伝送速度、1メートル以内のGPS精度、300メートルの長距離通信、最大7台のBluetoothデバイスと接続できます。

WIN3 vs WIN MAX(2021年2月現在)

専用ドッキングチューナーで携帯型ゲーミングPCから自宅メイン機まで!

ドッキングステーション外部拡張端子:

Type-A USB 3.2 Gen2 10Gbps x3
Type-C USB 3.2 Gen2 10Gbps x1
HDMI 2.0b x1, 帯域幅最大18Gbps, 最大32 チャンネル対応, 最大色深度48bit, HDR対応
RJ45 ネットワークポート x1, 10/100/1000Mbps 自己適応型ネットワークカード

当社測定

代表的なAAAゲームのFPSスコア

GPD WIN 3はインテルIris®Xeグラフィックスのパワーを活かして、FPSの数値を大幅に向上させました。下記の表は、ゲーム設定をデフォルト設定にして1280×720の解像度でFPSを測定したデータです。


*テスト環境:i7-1165G7&i5-1135G7 / 16GB LPDDR4x-4266 / 500GB NVMe SSD / 1280×720 / Windows 10 Home 64bit



5.5インチのブライトスクリーン

268 PPI、耐衝撃性ABS合成樹脂シェル

ゲームをプレイするにあたって小型ゲーム機のスクリーンのサイズはとても重要です。たとえば、3DS XLの画面はわずか4.88インチ、PSV 2000の画面は5インチ、初代GPD WINの画面は5.5インチ、 GPD WIN 2の画面は6インチ、Nintendo Switch通常版の画面は6.2インチ、Nintendo Switchライトの画面は5.5インチです。一般的に5.5インチは大多数の小型ゲーム機利用者の方に受け入れられるサイズです。 WIN3は、5.5インチ、スライド式の明るい画面、NTSC:84%(typ)、解像度1280×720、268PPIを備え、Corning ゴリラグラス 第5世代、DC調光を採用しているため、画面の粗さを心配する必要はありません。 この5.5インチというサイズは非常に好評で初代GPD WINを利用されている方からもとても良い評価をいただいております。 WIN 3の本体は、ロックウェル硬度109R、曲げ強度26,000kg / cm2のLG-DOW121H耐衝撃性ABS合成樹脂でできています。グレーバージョンでは、前面と側面はシルバーグレーのマットスプレーで、光の反射がなく、触り心地の良い質感があります。



アナログトリガー採用

ALPS製デュアル3Dアナログスティック

携帯型ゲーム機に採用するアナログジョイスティックには短いストローク、短いスイング距離、高反発なものと限定されます。これはフルサイズのスティックとは遠いものであり外付けのものに遠く及びません。 GPD WIN 3で採用したALPS社製デュアル3Dビッグロッカーは、小型ながら大きいストローク、大きいスイング距離、操作精度を大幅に上げますした。その滑らかさは格闘ゲーム利用者から高い評価のある日本のジョイスティックメーカーのセイミツ工業と三和電子に並ぶ評価です。またL3 / R3ボタンとしてもご利用できます。



デュアルモーター搭載

ALPS製デュアル3Dアナログスティック

携帯型ゲーム機に採用するアナログジョイスティックには短いストローク、短いスイング距離、高反発なものと限定されます。これはフルサイズのスティックとは遠いものであり外付けのものに遠く及びません。 GPD WIN 3で採用したALPS社製デュアル3Dビッグロッカーは、小型ながら大きいストローク、大きいスイング距離、操作精度を大幅に上げますした。その滑らかさは格闘ゲーム利用者から高い評価のある日本のジョイスティックメーカーのセイミツ工業と三和電子に並ぶ評価です。またL3 / R3ボタンとしてもご利用できます。

極端な振動効果と微細な振動

デュアルバイブレーションモーターを搭載

WIN3にはデュアルバイブレーションモーターも装備されています。 そのバイブレーション機能によるフィードバックは、プレイヤーをよりゲーム世界に引き込んでくれます。 車のエンジンの始動、レーザーガンの射撃、射撃するときの反動、ヘリコプターを操縦など、すべてがよりリアルに感じられます。



ドイツ製AACトップ3Dステレオリニアスピーカー

振幅が約2倍強化され大迫力のサウンド

ゲームにおいて音質も非常に大事な要素です。WINシリーズでは前モデルの携帯型ゲーム機でもステレオデュアルスピーカーを採用していましたが、音質はまだ満足のいくものではございませんでした。そこでWIN3はドイツのAACトップステレオスピーカーを採用いたしました。 これは0.9ccの大きなサウンドキャビティ設計を採用しています。 ダブルコイルは代用を駆動しその振幅を増加させながら力のバランスを取ります。 したがって音はより生々しく大きく再現されます。



バックライト付きタッチキーボード

スクリーンキーボードを使用せずにタイプが可能

小さな画面をキーボードに占有する必要がないのは大きなメリットです。WIN3のタッチキーボードはディスプレイをスライドさせると出現いたします。フィードバックを搭載したQWERTYフルキーボードレイアウトを採用しています。 ディスプレイをスライドして開くと、バックライトが点灯し、タイピングするとフィードバックが返ってきます。 なぜタッチキーボードなのか? たくさんのWINシリーズユーザーの皆様からキーボードをオンラインゲームのプレイ中に使用することは少なく、主にゲームアカウントとパスワードの入力の時以外は使わないとフィードバックをいただいております。 GPD WIN3のユニボディの携帯型ゲーム機ではキーボードを追加すると本体が厚くなり内部構造の設計が複雑になります。より薄いタッチキーボードを採用することで、スリムなスタイルを実現いたしました。



便利なショートカットキー

背面の2つのカスタムボタン

キーボードを閉まってゲームをしているのに突如キーボードが必要になる時があります。そんな時のためにWIN3の背面にカスタマイズできる2つのボタンを設置しました。GPDのシステムに組み込まれている「key binding customisation software」を使用してキーボード上のボタンを登録できます。



パスワード入力いらず

指紋認証によるログイン

画面を一時的にロックした時など、またパスワードを入力してアンロックするのに画面をスライドしなくてもいいようにデバイスの右下隅にアンロックのための指紋センサーがついています。 ワンタッチですぐにゲームができます。



熱を逃がすバックフロー設計

デスクトップPCレベルのターボファン+デュアルヒートパイプ

8個のエアダクトによる効率的な冷却機能を実現しました。冷却システムをさらに改善するためにWIN 3はPWM制御を備えたデスクトップPC用のターボファン+デュアルヒートパイプ熱放散ソリューションを採用しています。 内部温度が40℃より低い場合、ファンは20%までしか機能しませんが、内部温度が40℃を超えると、ファンは毎回2%のPWM増分し、最100%まで加速します。 排気口はトップケースの全体を占めており、8個の放熱穴により熱をすばやく外部に放出できます。 TDPは15〜18 W、18〜22 W、22〜28Wの3つどれかに設定されます。TDPの設定値はBIOSを起動して変更することができます。 本体の上面は黒いマット塗装で角は湾曲しており、中央には80×30mmの吸気口、ハンドル部分は5mmの突出したデザインで作られているため平らたいところに置いても空気の流れが妨げられることはありません。



フラッグシップとなるi9-10900Kを上回る性能

第11世代 インテル® Tiger Lake-Uシリーズ・プロセッサー

シングルコアのパフォーマンス比較では、i7-1165G7はデスクトップフラッグシッププロセッサi9-10900Kを上回っています。 マルチコアのパフォーマンス比較では、i7-1165G7は依然としてデスクトッププロセッサi5-10600を上回っています。



特定の状況下ではMX450を上回る性能を発揮

第12世代 インテル® Iris Xeグラフィックスカード

マルチコアのパフォーマンス比較では、i7-1165G7は依然としてデスクトッププロセッサi5-10600を上回っています。WIN 3は第12世代インテル Iris Xe Graphics GPUを、合計768コア(ユニットあたり8コアで96個のコンピューティングユニット)と統合します。 基本周波数は400MHzで、最大動的周波数は最大1300MHzに達することができ、1MBのL2キャッシュと統合します。 96EU1165G7の全体的なパフォーマンスはNVIDIAGeForce MX350を上回り、80EU1135G7も28Wでのご利用からNVIDIAGeForceMX350を上回ります。 使ったことがあればご存知と思いますが、NVIDIAが発売したMX100-MX400シリーズは、独特なモバイルGPUであり主に軽量、薄型のデバイスで重いタスクを管理することができます。GPUのパフォーマンスをテストするための基準の1つは半精度テスト(FP16)、単精度テスト(FP32)、および倍精度テスト(FP64)を含む浮動小数点演算です。では、Nvidiaと比較してインテルの軽量なIris Xe Graphics G7 96EUはどのくらいの性能なのか。 次の表はの左側は1280×720の解像の3DMark11で、いくつかの主流のモバイルGPUのパフォーマンス、右側は市販されているもので人気の高いモバイルGPUを4つ比較したものです。 インテル Iris Xe Graphics G7 96EUは、半精度および単精度の浮動小数点演算とテクスチャレートでNVIDIA GeForce MX450(25W)を上回っています。



86GB/s メモリ帯域幅

16GB LPDDR4x 4266メモリ

現在、86GB / sの帯域幅を利用できるのは、メモリに16GB LPDDR4x4266を搭載した第11世代インテルTigerLake-Uのみです。第11世代インテルTigerLake-Uプロセッサは、LPDDR4x 4267を搭載しメモリ帯域幅を86GB / sに増やしてGPUのパフォーマンスを引き出します。 テストの結果、WIN 3(インテル Core i7-1165G7)のメモリ書き込み速度はHP EliteBook 845 G7(AMD Ryzen 7 4800U)より2倍速いことがわかりましたが、どちらの製品にも16GBデュアルチャネルLPDDR4x4266メモリが組み込まれています。 HP EliteBook 845 G7は、システムの実行中は周波数をLPDDR4 2666MHzに自動的に下げていることがわかりました。 Geekbenchのデータベースからi7-1165G7とRyzen 7 4700Uを比較すると、インテルプロセッサのメモリ帯域幅がほぼ50%高いことがわかります。 AMDチップセットに基づくほとんどのウルトラブックは、レイテンシーを削減するためにLPDDR4-2133MHzで実行するように制限されています。 AMDは特定の条件下でメモリ周波数を下げるために15W APUについては妥協しました。CPU、GPU、DDR、およびSSDは電力を消費して電力が不足すると周波数を低下させている可能性があります。 Prime95でメモリの安定性をテストしたところ、HP EliteBook 845G7は即座にクラッシュすることが判明しました。 一言で言うと、LPDDR4x4266メモリを搭載したAMDRyzen 4000シリーズは、どうしても低周波数で機能してしまうという結論を導き出すことができます。現在、LPDDR4x 4266は、86GB / sのメモリ帯域幅の確保をするために第11世代インテルTigerLake-Uの力に依存しています。 次の表は、LPDDR4 3200、LPDDR4x 3733、LPDDR4x4266で実行されたメモリベンチマークテストを示しています。


*スコアは読み込み、書き込み、コピーに基づいており、対応する製品はすべてデュアルチャネルデバイスです。



第4世代のPCIeバステクノロジー

1TB M.2 NVMe 2280 SSDの場合

第4世代のPCIeであるM.2NVMe 2280 SSDの読み込み書き込み速度が大幅に上がり、Thunderbolt4の速度を上回ることもあります WIN3に組み込まれている第11世代インテルTigerLake-Uプロセッサの最大のメリットは、2倍の帯域幅を提供するPCIe4.0インターフェイス仕様の統合です。 現在、主流のM.2 NVMeプロトコルインターフェイスを備えたSSDの一連の読み込み/書き込み速度は、約2000〜3000MB /秒です。 ただ、これはフラッシュメモリの速度の限界ではありません。 これは理論上のスループットが3.938GB / s のPCIe3.0×4のインターフェイス帯域幅によって制限されています。WIN3に搭載されたPCIe4.0はスループットが7.877GB / sに達しっているのでSSDを使用すると速度が前世代の2倍になります。 Tiger Lake-Uシリーズは、現在、PCIe 4SSDの性能を最大限引き出せる唯一の内蔵されたCPUです。 一方で比較対象とされるAMD Ryzen4000シリーズはPCIe3.0のみをサポートし、TigerLake-Yのバス速度は2GT / sOPIのみです。 以下の画像は、他のいくつかの製品と、内蔵型Samsung 980 Pro SSD(PCIe 4.0をサポート)を使用したWIN3で読み込み/書き込み性能をテスト比較したものです。


*テストソフトウェア:AS SSDベンチマーク;
*テスト環境:1135G7、LPDDR4x 4266、Samsung 980 PRO 500GB;
* AS SSDベンチマークテストの結果のバージョンが異なるとわずかに異なり、冷却機能は読み取り/書き込み速度に大きく影響します。
*グラフは、PCIe 4SSDでの読み込み、書き込み速度を示しています。 本機の標準仕様はPCIe3SSDを載せていますので、もしグラフのようなSSDの速度をお求めの場合は、PCIe 4SSDを購入して自分で交換してください。

Samsung 980 Pro500GBの読み込み速度は5000MB / sを超え、書き込み速度は3300MB / sを超えているため、読み込み速度は実際にThunderbolt4を超えていることがわかります。

WIN3はM.2NVMe / AHCIデュアルプロトコルインターフェイスを採用しているため、どんな種類のSSDに交換しても機能します。 ただし、スペースの制限によりWIN3はSamsung980PROなどのM.22280片面搭載SSDのみをサポートし、Lenovo NGFFSL700のような両面搭載SSDはサポートできません。 新しいSSDを購入するときは注意してください。



統一されたThunderbolt 4インターフェース

Thunderbolt 4により帯域幅を2倍に拡張

もう1つのWIN3の特徴は、Thunderbolt 4を使用していることです。USB 4、USB 3.2 Gen2×2(20Gb / s)、HDMI、ディスプレイポート、RJ-45ネットワークポート、オーディオポート、充電、その他の端子にも対応しUSBインターフェース仕様3.2 / 3.1 / 3.0 / 2.0 /1.1もサポートします。 IceLake-Uの転送速度;前世代のIntelCPU; Thunderbolt 3は40Gbpsで、8GbpsDisplayPortチャネル1つと8GbpsPCIe3.0チャネル4つが含まれています。ただしThunderbolt 3は、接続されている各デバイスでサポートされる最大転送速度を16Gbps(2GB / s)に制限します。外部GPUを接続する場合、使用できるのはPCIe 3.0×2のみであり、そのバスDMI3.0×4は3.94GB /秒の帯域幅しか提供できません。 Thunderbolt 4の転送速度は40Gbpsのままですが、PCIe 4.0の帯域幅は2倍になり、接続された各デバイスでサポートされる最大転送速度は32Gbps(4GB /秒)に増加します。バスDMI3.0×4は2倍のDMI3.0×8になり、合計帯域幅は約7.86GB /秒になります。したがってThunderbolt 4を通してGPUボックス(グラフィックカードドッキングステーション)でゲームをプレイする場合、バス帯域幅が2倍になるため、外部のGPUのパフォーマンスが最大限に引き出されます。 TigerLake-YシリーズプロセッサはThunderbolt 4もサポートしますが、バス速度が2GT / sしかないため、3.93GB / sの帯域幅しか提供できません。 メイン画面または外部モニターのどちらを使用する場合でも、外付けGPUを介して、ゲームのフレームレートを大幅に向上します。


*注意:eGFXは、インテルによって定義された標準用語であり、電源、マザーボード、グラフィックカード、インターフェイスなどの外部グラフィックソリューションのセットが含まれています。そしてeGPUという用語は、グラフィックカードのみを表します。 ただ現在、一般的にeGFXと呼ばれることはあまりなくGPUボックスやeGPU、外付けGPUなどと呼ばれています。



外部eGFXデバイスに加えて、WIN3のThunderbolt4は、PD 2.0 /3.0プロトコルと15V / 20V電圧に基づく電源アダプターをサポートします。

1.充電と映像出力を同期可能


2. Thunderbolt 4を介して、HDビデオ信号を外部モニターに出力しながら、WIN3を充電できます。


3. Thunderbolt 4を介して、WIN3は4Kモニター2台または8Kモニター1台に接続できます。


4.将来的に、第4世代PCIe SSD外付けモバイルハードディスクまたはUSB 4フラッシュディスクに接続可能なので、プロの写真家はm2tsビデオファイルのような大きなファイルを転送するのが便利になります。



WIN3はダウンロード速度が300MB /秒のWi-Fi 6を搭載

オンラインゲームを快適に楽しめる

WIN 3は、IEEE802.11ax標準、160MHzチャネル、および最高速度2402Mbps(ダウンロード速度300MB /秒)のシングルストリームに準拠するインテル最新のWi-Fi 6(ギガビット+)を搭載しています。

Wi-Fi 5(802.11ac Wave 1)でサポートされるSU-MIMOとは異なり、Wi-Fi 6はMU-MIMOを改善し、ネットワーク実行伝達速度と同時通信機能を大幅に改善しました。 WIN 3をMU-MIMOベースのワイヤレスルーターにOFDMAで接続すると、複数のワイヤレスデバイスがルーターに接続されている場合でも待ち時間が発生せず、ネットワーク遅延が発生しません。



Wi-Fi 5と比較すると、Wi-Fi 6の伝送速度と実行伝達速度は理論上4倍になります。これは現在のギガビット有線ネットワーク速度の2.4倍、100M有線ネットワーク速度の24倍です。 将来的にWIN 3のユーザーは、Wi-Fi6ベースのネットワーク環境で非常にスムーズにクラウドゲームを楽しんでいただけるようになります。



Bluetooth 5.0

Bluetoothデバイス7台と同時接続

WIN3のBluetooth5.0は7台同時にBluetoothデバイスと接続でき、伝送速度は前世代のBluetoothと比較して3MB /秒向上しています。 Wi-Fiをオンにすると、1メートル未満の精度でデバイスを認識できます。 また、Bluetooth 5.0では有効通信距離が300メートルまで伸ばし、今までのBluetooth仕様の10メートルという制限を超えて様々なBluetoothデバイスを広い範囲で接続できるようになりました。


*注意:長距離でBluetoothを接続するには、接続するデバイスもBluetooth5.0に対応している必要があります。 同じ仕様の2つのヘッドホンなど、複数の同じデバイスに同時に接続した場合は機能しません。 300メートルの通信距離は理論上の数値です。 ほとんどのBluetooth5.0デバイスの通信距離は、消費電力が大きいため、製造元によって10メートルに短縮されている場合があります。 接続しようとしている機器が長距離通信に対応しているか確認してからご購入ください。



65W PD 2.0対応の充電器で高速充電

1.5時間で充電完了

WIN 3は、タイプCの端子からThunderbolt 4を介して65W PD 2.0対応で高速充電ができます。WIN3は約1.5時間で充電され、処理の重いゲームをプレイしているときは約2〜3時間、普通程度のゲームでは約6〜8時間、軽いゲームでは約11時間プレーすることができます。 次の表は、WIN3とMicrosoftSurface Pro7の充電パフォーマンスの比較を示しています。


*バッテリーのテストに関する注意: このテストでは、バッテリーが充電された状態で普通程度つまりアクティブな使用とスタンバイの状態でテストしたものです。アクティブな使用の例は次のとおりです。 (1)複数開いているタブを介して8つのWebサイトにアクセスするWebブラウジングテスト (2)Microsoft Word、PowerPoint、Excel、およびOutlookを使用する生産性テスト (3)一定時間、待機状態にしてアプリを起動

画面の明るさは150 nit、自動明るさ調整は無効、Wi-Fiは接続されたままに設定し、それ以外の設定はデフォルトの設定でテストしました。バッテリーの寿命は本機の設定、使用法、その他の要因によって大幅に変化します。 WIN 3用の充電器は、標準の65W急速充電で、USB Type-C対応のスマートフォン、タブレット、ノートPCの充電もできて、PD対応機とも互換性があります。



GPD WIN3 仕様

OS Windows 10 Home 64bit 日本語(マルチ言語対応)
カラー ブラック
プロセッサ インテル® Core™ i7-1165G7
インテル® Core™ i5-1135G7
プロセッサの基本周波数 2.80GHz / 2.40GHz
ターボブースト 4.70GHz / 4.20GHz
実行ユニット 96 EUs / 80 EUs
グラフィックス インテル® Xe Graphics
メモリ 16GB LPDDR4x-4266
ストレージ 1TB M.2 SSD
ディスプレイ 5.5インチ
IPS液晶(静電式タッチパネル)
解像度 720p HD Ready Pixels
ポインティングデバイス タッチスクリーン / 指紋認証センサー
インターフェースポート 1×RJ45
1×thunderbolt 4
1×USB 3.2 Type-C
4×USB 3.2 Type-A※
1×HDMI 2.0b※(※ドッキングステーション使用時)
1×microSDXC
Wi-Fi Wi-Fi6対応
Bluetooth Bluetooth5.0
最大バッテリー駆動 14時間(ゲーム実施時は3-8時間)
外形寸法 198mm*92mm*27mm
本体質量 560g
付属品 1×GPD WIN3 Max本体(技適認証 / PSE 対応/65W ACアダプタ&ケーブル) 1式
1×日本語説明書
1×天空による国内保証1年間 保証書
1×USB マルチリーダー(microSDカードリーダー)
1×液晶保護シート
1×GPDロゴ入り液晶クリーナー
1×天空VIPカード