GPD G1

GPD G1

ノートPCのグラフィックス性能を劇的に向上させる
外付けグラフィックスデバイス

GPD G1 integraded AMD Radeon RX 7600M XT 8GB GDDR6

●GPD G1 2024 変更点-TGP(総グラフィックス電力) 60Wの低消費電力で低騒音動作が可能になる「サイレントモード」を搭載し、筐体側面の物理スイッチにより「バランスモード」との切り替えが可能です。またHDMI接続時の4K、120Hzの映像出力の安定性が向上したことやThunderbolt 4 ICを使用したことにより、最大65W給電が可能となりました。
● GPD G1 は、サイズ約 225 x 111 x 30 mmの世界最小クラスのポータブル eGPUボックスです。
● AMD Radeon RX 7600M XT に 8GB GDDR6 メモリ搭載のグラフィックスカードを内蔵。そのパフォーマンスは GeForce RTX 3070 に迫る性能です。また軸流ファン、動的な温度制御設計を備え、高気流と低騒音を実現します。
● 小型軽量化するために、小型窒化ガリウム を採用した240W電源を内蔵。
● USB4 を搭載したGPD製品他、様々な機器で使用する事ができます。
内蔵グラフィックスカードと外部デバイスインターフェースのニーズに応えました。(HDMI出力端子×1、DP×2、USB Type-A×3)
● OCuLinkポートを搭載し、最大64GT/sの転送速度で使うことができます。


GPD G1 主なスペック

*AMD SmartShift MAXは、より幅広いゲームを最適化するAMD SmartShiftテクノロジーの強化版です。このテクノロジーはAMDプロセッサーでのみサポートされており、AMD Ryzenモバイル・プロセッサーとAMD Radeonグラフィックス・カード間で動的にパワーを配分することで、ノートパソコンの特定のゲームにおいて、平均ゲーム・パフォーマンスの最大2倍を実現します

* AMD SmartAccess Memoryテクノロジーは、CPUがすべてのグラフィックス・メモリに直接アクセスすることを可能にし、システム・パフォーマンスを効果的に向上させます。従来のPCでは、CPUはグラフィックス・メモリのごく一部にしかアクセスできませんでした。このテクノロジーには、AMD Ryzen 5000シリーズ以降のプロセッサーとAMD Radeon RX 6000シリーズ以降のディスクリートグラフィックスカードが必要です

AMD公式サイトではストリームプロセッサーは2048と記載されていますが、各プロセッサーには2基の演算ユニットが含まれているため、合計4096演算ユニットとなります



GPD G1 インターフェース

手のひらサイズで充実のポート数

GPD G1

最新のRDNA™3
アーキテクチャー搭載

トップレベルのゲーム体験を提供



*L0キャッシュは32KB x 16 WGP
*L1 キャッシュは 128KB x 4 シェーダーアレイ
AMD公式サイトではストリームプロセッサーは2048と記載されていますが、各プロセッサーには2基の演算ユニットが含まれているため、合計4096演算ユニットとなります


性能はデスクトップPCレベル

総合的なパフォーマンスはNVIDIA GeForce RTX 4060を上回る

3DMarkベンチマークテストでは、GPD G1は、NVIDIA GeForce RTX 4060(モバイル)よりも高いTime Spyグラフィックスコア、NVIDIA GeForce RTX 4070(デスクトップ)よりも高いFire Strikeグラフィックスコアを達成しています。

高フレームレートのゲーム体験

NVIDIA GeForce RTX 3070を上回る

以下のグラフはゲームプレイ中のフレームレートを計測したものです。デスクトップ構成はAMD Ryzen 5 5600XとAMD RTX 3070、モバイル構成はAMD Ryzen 7 7840UとAMD RX 7600M XT。テストしたゲームはすべて、レイトレーシング、DLSS、FSRを無効にしています。

軸流ファンと動的温度制御設計

大風量で静音性に優れたファン

軸流ファンは吃音や遅延なしにスムーズに回転し、インテリジェントな温度制御設計により、より低い温度とノイズを実現しています。隠されたスリーインワンエアダクトは、内部の乱気流を減らし、空気の流れを改善します。

専用の「TGPトグルキー」

自由にパフォーマンスを切り替え可能

専用のトグルキーは「静音モード」に切り替えると、TGPは60Wに設定され、G1が低ノイズレベルで動作します。「通常モード」に切り替えると、TGPは100Wに設定され、多少のノイズが発生する場合がありますが、グラフィックカードのパフォーマンスが大幅に向上します。どちらのモードも、システム操作中やゲーム中にシステムを再起動することなく自由に切り替えることが可能です。

小型で高性能な
バッテリーを内蔵

窒化ガリウムPC電源が安定した高ワット電源設計を提供

PFC + LLC アーキテクチャの超小型窒化ガリウムPC電源を内蔵しており、ノイズゼロで動作し、フルロード時に最大94%の変換効率で240Wの電力を提供し、グラフィックスカードおよび外部デバイスの電源ニーズを完全に満たします。

OCuLink ポート搭載

滑らかで安定した映像出力

OCuLinkでGPD G1に接続するだけで、ポータブルゲーミングPCにもディスクリートグラフィックスカードを搭載可能。
GPD G1 のユニークなOCuLinkは、最大 64GT/s の有効帯域幅を提供し、GPD WIN Max 2 2023 を含むGPD製品のディスクリートグラフィックス拡張を可能にし、ユーザーに最高のゲームとオフィス体験を提供します!OCuLinkケーブルで接続すると、GPD G1 の DP と HDMI は同時に3台の外部ディスプレイに接続することができます。

* OCuLinkは、GPD G1グラフィックスカードドック用のPCIeダイレクト接続のみを提供し、USB Type-A および SDカードスロット用のデータチャンネルは提供しません

デバイスにUSB4、
Thunderbolt 3/4があれば使用可能

作業効率が大幅にアップ

お使いのデバイスがOCuLinkを搭載していなくても、Thunderbolt 3 / Thunderbolt 4 / USB4 を持っていれば、GPD G1を使用することができます。この接続により、GPD G1は3台のディスプレイに接続できるだけでなく、USB Type-AやSDカードスロットも起動できるため、周辺機器の幅が広がり、ゲーム体験はもちろんのこと、オフィスやクリエイティブ面も作業効率が向上します。

* Thunderbolt 3/4またはUSB4をサポートするGPD製品には、GPD WIN 3、GPD Pocket 3、GPD WIN Max、GPD WIN Max 2021、GPD WIN Max 2、GPD WIN 4のほか、Microsoft Surface Pro 8などのサードパーティ製品も含まれます

GPD G1の性能を
最大限に引き出す

ホストデバイスにすることで機能性能アップ

GPD G1の性能を最大限に引き出すには、OCuLink と USB4 の両方を同時にホストデバイスに接続することをお勧めします。OCuLink と USB4 はそれぞれ独立したPCIeチャンネルを使用し、OCuLink はグラフィックカードと3つのビデオ出力を担当し、USB4 はUSB Type-AとSDカードスロットのデータ転送を担当します。

デスクスペースを有効活用

横置きでも縦置きでも可能

デスクトップのスペースは限られていますが、GPD G1は吸気口を上に向け、熱風吹き出し口を上にして縦置きすることができます。底面には窒化ガリウム電源が搭載されており、安定性を確保し、転倒の危険性を最小限に抑えます。スペースを余すところなく活用することで、作業スペースを最適化します。

最小かつ最強のゲーミング
デスクトップを実現

GPD G1でミニPCを強化

あなたの Mini-ITX に適切な高性能グラフィックスカードがない場合、必要なのは GPD G1 とアダプターカードさえあれば、あなたのMini PCを強化できます。
自宅に Mini-ITX PCがあるが、適切なディスクリートグラフィックスカードがなく、統合型グラフィックスしか使用できない場合でも心配はいりません。M.2またはPCIeカードさえあれば、GPD G1があなたの Mini-ITX PCをパワーアップし、最小かつ最強のゲーミングデスクトップを実現します。

* OCuLinkは、GPD G1グラフィックスカードドック用のPCIeダイレクト接続のみを提供し、USB Type-AおよびSDカードスロット用のデータチャンネルは提供しません

M.2 NVMeプロトコルからOCuLink SFF-8612 へ

Z690I のような ITX マザーボードには通常3つの M.2 があり、そのうちの1つをアダプタカードのプラグインに使用できます。OCuLink SF-8611デュアルポートケーブルを使用して、アダプタカードのOCuLink SFF-8612 をGPD G1のOCuLink SFF-8612 に接続することができます。



外付けPCIe 3.0 × 4 OCuLink SFF-8612 アダプタカード

ITXケースに適したハーフハイトグラフィックスカードは稀であり、高性能なハーフハイトグラフィックスカードはほとんど存在しません。そこで、PCIe 3.0 x4 to OCuLink SFF-8612 アダプタカードを装着することで、GPD G1を接続することができます。ロングブラケットとショートブラケットは簡単に交換できます。


PD急速充電をサポート

最大65Wに対応

Thunderbolt 4 ICを使用したことにより、最大65Wの給電が可能。お使いのデバイスがType-Cポートを持ち、PD急速充電プロトコルに対応している限り、GPD G1のUSB4ポートを使ってデバイスを充電することができます。

GPD G1 スペック

製品名 GPD G1
GPU AMD Radeon™ RX 7600M XT
アーキテクチャ RDNA 3
製造プロセス 6nm
ベース周波数 1500 MHz
ゲーム周波数 2300 MHz
最大周波数 2615 MHz
トランジスター数 13.3 B
演算ユニット 合計 4096
AMD Infinity Cache Technology 32 MB
メモリーインターフェース 128-bit
ROP 64
ピーク時半精度演算性能 42.8 TFLOPs
ピーク時単精度演算性能 21.4 TFLOPs
倍精度浮動小数点数 669.4 GFLOPS
ピーク時テクスチャフィルレート 最大 334.7 GT/s
ピクセルレート 167.4 GPixel/s
メモリータイプ GDDR6
メモリ周波数 2250 MHz
最大メモリー帯域幅 最大 288 GB/s
メモリ 8GB
バス帯域幅 最大64GT/s (PCIe4×4 or PCIe3.0×4)
インターフェース OCuLink(SFF-8612)メスポート × 1
USB4 × 1(メインデバイスへの65WのPD急速充電をサポート)
USB 3.2 × 3(USB4 ホスト・デバイス接続時のみ有効)
HDMI 2.1 × 1
DP 1.4a × 2
SD 4.0 カードスロット × 1(USB4 ホスト・デバイス接続時のみ有効)
電源 240W GaNバッテリー内蔵
TGP 60W-100W
TGPトグルキー 静音モード(60w)
通常モード(100W)
※システムの操作中もワンタッチでの切り替え可能
冷却システム アクティブ冷却製法
マルチディスプレイ 最大3つの外部ディスプレイをサポート
本体重量 約0.92kg
本体サイズ 約225 × 111 × 30mm
機体素材 6061アルミ・マグネシウム合金
付属品 GPD G1 本体 × 1
ACケーブル × 1
USBケーブル × 1
保証書(1年間) × 1
※OCuLink接続ケーブルは別売りです

注:同梱の説明書と商品画像につきまして、相違がある場合、HP上の商品ページ・製品紹介ページ(LPページ)が最新の情報になります。発売前や発売後で仕様の変更がされる場合がございます。ご了承ください
LPページに掲載されている数値やデータは、GPD社内ラボで行われたテストでの数値が含まれています。使用環境によって数値が異なりますので、実際の使用方法・数値を参考にしてください。

GPD G1 購入