GPD P2 Max 2022

P2 Max 2022
P2 Max 2022

10nmプロセスになったJusper Lake世代CPUを搭載、性能向上した世界最小ウルトラブック

インテル® Pentium/8.9インチ ディスプレイ/メインメモリ 16GB/1TB SSD/200万画素 WEBカメラ内蔵/指紋認証ログイン

製品比較表

以前のGPD P2 Maxと新しくなったGPD P2 Max 2022のスペックを比較しています。

P2 Max 2022

小型サイズで超軽量

GPD P2 Max 2022のボディは、約206mm×148mm×5.5~18mmと小型サイズです。最薄部は、わずか5.5mmとiPad mini 4サイズほど。しかし、AppleのMacBook以上の性能をもち、パワフルな高性能PCです。

また本体重量はわずか650g。主流のUltrabookと比較しても、半分の重さしかありません。Ultrabookの重量を700g以下に抑え、8.9インチのディスプレイで十分にコストパフォーマンスをあげることができます。

P2 Max 2022 P2 Max 2022

解像度比2560×1600、
Retina 2.5Kレベルのスクリーン

GPD P2 Max 2022は、Retina 2.5Kレベルのスクリーンを搭載。IPS技術を採用し、100%sRGB色域カバーと178度の広い視野角で、2560x1600(WQXGA)解像度と16 :10のアスペクト比に対応しています。精細度340ppiピクセル密度で唯一のUltrabookです。高いディスプレイ密度は、超高速シミュレーションと豊かなグラフィックディテールをもたらし、よりリアルなグラフィックスを実現します。

P2 Max 2022

タッチ操作と
スタイラス入力をサポート

InfinityEdgeデザインにより、8インチの本体に8.9インチのスクリーンを実現。画面占有率80.9%で、より広い視野を確保し、仕事やエンターテインメントに集中できる環境を提供します。また画面は、10点タッチ操作に対応。指でのタッチスクリーン入力やスタイラス入力をサポートしています。

P2 Max 2022

タッチタブレット一体型の
"QWERTY"キーボード

キーボードは、“QWERTY”キーボードレイアウト、チョコレートアイランドスタイルを採用。タッチタブレットは、カーソルの移動、スクロール、マウスの左ボタンと右ボタンの機能をサポートしています。手の大きな欧米の男性でも、両手でのタイピング操作が快適にこなせるよう、開発されました。

P2 Max 2022
P2 Max 2022

指紋認証をサポート
起動7.3秒、ロック解除1秒

GPD P2 Max 2022は指紋認証によるロック解除をサポート。システムに入力し、ピンパスワードを入力すると、数ステップの設定後、電源ボタンをタッチすることで簡単にロック解除が可能です。指紋ロック解除に対応しながら起動し、「起動+パスワード入力」がワンステップで完了します。シャットダウン状態では、約7.3秒でシステムが起動。休止状態やスリープ状態では、約1秒で画面が明るくなり、ロックが解除されます。

P2 Max 2022

注:起動速度テストは、新システム下で公式技術部門が実施したものです。実際の使用時間は、ユーザーの起動や読み込みのプロセス、システム設定、動作環境などの影響を受け、また公式BIOSの更新、Microsoft Windows10のシステム更新の影響も受けます。

第11世代インテル® Pentium® N6000 プロセッサー搭載

第11世代 インテル® Pentium® Silver N6000プロセッサーを搭載し、4コア、4スレッド。コア周波数は最大1.10GHz、最大周波数は3.30GHzとなっています。レベル L3キャッシュを採用し、4MGを搭載。OPIバス速度は最大4GT/秒、ピークデータ転送/秒は4×10 ^ 9倍になります。

第10世代 インテル® UHD Graphics 630コアディスプレイを採用し、実行ユニットは32EU。最大ダイナミック周波数は850MHzで、前世代より帯域幅は約33%高くなっています。またHDMIポートを使用すると、4K*2K/60p HDビデオを出力することができます。

P2 Max 2022

プロセッサー全体の機能は、第8世代のコアより55%向上し、オフィスやデザインアプリ、ゲームなどの需要に応えることができます。高度な処理も可能です。

小さくてもパワフル
16GBメモリ、1TB SSD搭載

GPD P2 Max 2022の本体は小さくてもスペックに妥協はありません。16GBメモリに1TBのSSDを搭載。SSDはM.2 Socket 3インターフェイス、NVMe 1.3トランスポートプロトコルを採用し、読込/書込速度はそれぞれ最大2665.35MB/s、1569.94MB/s(標準構成:PCIe Gen3.0×4 bus、NVMeプロトコルSSD)です。

P2 Max 2022

アクティブ冷却+ターボファン
により
コストパフォーマンスアップ

アクティブ冷却とターボファンによるPC冷却方式で、周波数低下なくフルスピードを実現しました。新液冷放熱管を採用し、ヒートパイプの体積を23%増やし、ハイパワーターボファンで風量を45%大幅に改善。CPU性能をフルに発揮させるPC冷却ソリューションにフルバージョンアップしました。

P2 Max 2022

全く新しい液冷ヒートパイプを採用。高出力ターボファンに強化された熱性能により、システムのデフォルトの熱設計電力(TDP)6Wを、簡単に10Wにアップグレードすることができます。負荷のかかりやすい高機能モードでも、安定した性能を発揮します。

1GBの映画を
4秒でダウンロード可能

GPD P2 Max 2022は、Wi-fi2.4G /5Gのデュアルバンド機能を内蔵しています。デュアルチャンネルの最大伝送速度2402Mbpsで、ダウンロード速度は約300MB/s を実現。1GBの映画を4秒でダウンロードすることが可能です。またBluetooth 5.0も内蔵。IPv6接続オプションをサポートし、データ転送をより高速にします。

P2 Max 2022

1080pの映像を8時間連続再生可能

GPD P2 Max 2022の強みは、耐久性です。約9200mAh、35Whの大容量ポリマーリチウム電池と600Wh/Lのエネルギー密度で長時間使い続けても、バッテリーが切れる心配がありません。1080pのオフライン動画を8時間連続で再生でき、朝から晩まで楽しむこともできます。

注:使用状況により連続再生時間が異なることがあります。

P2 Max 2022

標準30W PD 2.0急速充電に対応

GPD P2 Max 2022は、すべての携帯電話充電器に対応しています。携帯電話の充電器やモバイルパワーバンクもサポートしているので、外出先でも充電が可能です。PD 2.0の急速充電技術に基づき、30W出力の電源アダプターは、いつでもGPD P2 Maxを駆動・充電することができます。

P2 Max 2022

多様な業務に対応する
マルチインターフェイス

P2 Max 2022 P2 Max 2022

製品仕様

P2 Max 2022

GPD P2 Max 2022
購入